経堂の小さなメゾン物語                      Chicca kyodo

2011年2月世田谷区経堂に完成しました、小さなメゾンのお話です。
小さなストーリーブックのように、少しずつ日々を綴っていきたいと思います。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 外壁の塗装
 今週は外壁塗装のサンプル塗りがありました。
     
塗装には吹き付けたり、ローラーで転がしたり、様々な方法があります。
Chiccaでもいくつかの方法を使い分けるのですが、メインとなる部分は職人さんがコテで
ひとつひとつ丁寧に仕上げていきます。

この出来上がりひとつで、建物の雰囲気も決まってきますから、とても大切な作業です。
      
写真では分かりずらいですが、コテのあとが少しムラにつくような仕上げになっています。
仕上げには個人差もありますから大勢ではできません、職人さんは本当に大変な作業ですね。
 
   
どうなるのかは出来上がってのお楽しみ、その様子はまた後日ご報告したいと思います。

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:06 | category: 完成までの様子 |
# 現場のようす
 現場ではクレーンや型枠がはずれ、少しずつですが建物の雰囲気が分かるようになってきました。
     
といってもまだコンクリートのグレー色、すこし寂しい気がしますね。
来週からはいよいよ塗装工程に入ります。建物に色が付き、その塗り方で雰囲気が見えてきます。
     
TYPE-Cにつながる2階の吹き抜け部分にも、アイアンが設置されました。
     
TYPE-Bの様子です。まだクロス張り前なので、見えているのは下地のボードですね。
   
       
また、イメージや素材感が分かるようにボードを作成しました。
ブログではお伝えしきれないのが残念ですが、これはあらためてご紹介したいと思います。

Chiccaに帰ることで、日々の生活が少しでも元気に暮らせるように、暖かな色づかいを大切に
しました。
  
「あのね〜、最近Chiccaは男性も住んでいいんですかって聞かれるんだけど、どうなのかな?」

はい、もちろん大丈夫です。すでにお申込いただいた方には男性もいらっしゃいます。
お気軽にお問い合わせください。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:43 | category: 完成までの様子 |
# 上棟後のようす

今日はしばらくぶりに、建物の様子をご紹介したいと思います。
Chiccaは幸いコンクリート打設の日のコンディションにも恵まれ、先日無事上棟しました。

コンクリートの強度をあらわす試験でも、分譲マンション相当の良い結果が得られたそうです。
(試験コンクリートに圧力をかけ、その圧力をニュートンという単位で表すのですが、そのお話は
また後日・・・)

    
建物の上にパースを使ったイメージパネルがかかりました。
    
手すりなどに使うオリジナルのアイアンが届き
    
    
バルコニーや階段部などに取り付けられていきます。
    
屋上ではアスファルトシート防水の作業中。
追従性の高いアスファルトを釜で温めて、
    
防水シートの間にノリのように使いながら重ねていきます。
屋根の防水能力を左右する大切な作業です。 
    
ここは2階、向かって左がルームプランTYPE-Cの部屋の入口です。 
まだコンクリートも打ちっぱなしのグレーなので、イメージはしにくいですね。
          
ドムスデザインの戸倉さん(左)と石川さん(右)のお二人は現場の問題点をチェック。
この日も会議は遅くまで続きました。

ところでわが社のカチート代表は、すこし寒くなるととにかくよくおやすみのご様子。
観察していると、どうやらお気に入りのくつろぎポイントがあるようです。
陽のさす場所や、木箱や布団、革のソファーの上など手触りや温度で選んでいるようにみえます。
ねこがくつろげる家は、人間もくつろげるのかも知れませんね。
      
なぜか顔の前で、手をバッテンにしてねむるカチートさんでした。

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:55 | category: 完成までの様子 |
# 無事上棟しました
私たちがイタリアに行っている間に、Chiccaは無事上棟しました。
上棟とは、屋根の一番上の部材である棟木を取り付ける(上げる)ことですが、Chiccaの場合
鉄筋コンクリート造なので、主要構造部の建設が3階までできたところで上棟となります。
          
これからは電気設備や内装に取り掛かります。
    
これは壁の内側の断熱材、部屋がピンクになるわけではありません。
ところで、「気」の字の右に青い点がありますよね・・・
    
これが青い点の正体です。
この青い点は実は鋲で、壁に指すことにより、断熱材が規定の厚さに確保できているのかを
チェックしています。ちなみにこの断熱材の厚さは25mmです。   
        
いまのところ工事には大きな問題点もなく、順調に進んでいます。
募集については11月中〜下旬ごろ開始の予定です。
間取り図も近日ブログにて公開したいと思います。
         
           
イタリアスナップ                              ローマ空港駅         
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:51 | category: 完成までの様子 |
# 上棟にむけて
この日は工事現場の養生にイメージパースを貼る打合せです。
普通は入居者募集中という垂れ幕を掛けるだけなのですが、ドムスデザインのみなさんは
建築中からもイメージを大切に考えています。 
            

そんなこんなのChiccaの工事も順調に進み、月末までには上棟の予定です。
     
              
     
募集は11月の中〜下旬から開始を予定しています。
間取り図は募集開始前に、まず先にブログでお知らせします!

ところで今週・・・
        

        
に行ってきます。
        
イタリアをまねるのではなく、優れたところを取り入れる、そんな旅にしたいと思います。
その様子はまた後日。

ブログは少しの間お休みさせていただきますっ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:52 | category: 完成までの様子 |
# 2階壁・3階床コンクリート打設
 先週末、3回目にあたる2階壁と3階床のコンクリート打設が行われました。
           
コンクリートはその日のうちに川崎にあるコンクリート工場から運ばれてきます。
スケジュールどおり工程を終えるには、交通事情やその日の天気も大きく影響するのですが、
幸いこの日は雨が降ることも、交通渋滞もなくスムーズな一日でした。
       
コンクリート打設を見るのはこれで3回目ですが、現場の皆さんがひとつの事に向け集中している
姿はどこか近づきにくく、またかっこよくもあります。
       
ですからコンクリート打設の日は、邪魔にならないところからそっと撮影です。
       
こちらでは次回に向けての型枠の準備中。
次の4回目の打設で、よくいうところの「上棟」となります。
       
この日も皆さんの邪魔をしないようそーっと、現場を後にしました。

少し遅れていた工程もこれで順調に計画通りに戻りました。
このまま行けば1月末に完成の予定です。
      (きりっ)
「募集は11月下旬の予定、家賃はカリカリフード1ヵ月分!」

何事も気分で決めるカチートさんでした。
すみません、わたしコマリマス・・・。

        
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:41 | category: 完成までの様子 |
# 上からのながめ
 少しずつ上に伸びている建物も3階の高さに近づいてきました。
今週末2階の床のコンクリート打設が終わると、いよいよ3階に入ります。    
   
   危ないから戻っておいで〜といわれながら振り返ってパチリ
        
    
    建物正面から振り返った状態です。
    いま水色に見える場所は2階の屋根部分、このあと屋上庭園になっていきます。
     
     ここで大切なのは近隣との見え方の確認です、お隣からどう見えるのか、こちら
     の光は邪魔にならないか、お互いのプライバシーは守れるかチェックしていきます。
     
     そして外壁のサンプルの比較検討です。
     一般的にマンションですと、タイル貼りかコンクリートが打ちっぱなしの建物が多いと
     思いますが、今回は場所によっていくつか素材を分けて使います。 
     
     何事もハイハイと決めず、そこでよいのか、それでよいのか、と検証検証の現場。
     この日も会議は遅くまで続きました。
     (はっ)
     あれ、高いところにのぼったのに、夢だったのかな・・・
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:45 | category: 完成までの様子 |
# エントランス
 すこしずつ工事は進み、エントランスが現れてきました。
     
中央がエントランスで左右の窓はみせ窓です、ガラスをうまくぼかして向こう側は見えないように
するつもりで、部屋のように見えて窓の向こう側は☆△$というわけです。
☆△$?
          
上部アーチの木枠がまだ残っていますが、オートロックまでは天井がアーチ状のアプローチです。
   
    
パースの方が若干みせ窓が小さいですね。
ただいまオートロックの扉の形状を再度検討中、パースと少し変わってくるかもしれません。

前回のブログのコメントで、ドアノブの静電気がないほうがいいとのご意見をいただきました。
確かに冬はバチッときますよね。anditoは静電気と闘い、なにか対策を講じてみたいと思います。

質の高いサービスはそれを感じさせないこと、と独り言を言いながら今日のブログはおしまい。   
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:41 | category: 完成までの様子 |
# ドアハンドルを探せ

今日は各部屋の玄関ドアハンドルを探しに、メーカーにお邪魔しました。
      
メーカーの方がおっしゃっていましたが、通常賃貸住宅で選ぶ場合、最も使われる言葉は
「これでいい」だそうです。
ですが私たちが探すのは「これがいい!」です。
      
あれ?なんだかデザイン普通・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そうなんです。
ハンドルは自分の住まいとコンタクトする最初のパーツ、どんなにかっこいいデザインよりも
やさしい手触りで握りやすいことを優先して選びます。
            
カタログでデザインをみて、いいなと思うと握りにくいこと2度3度、奥が深いです。
Feel!don't think という状態でしばし・・・
         
次に色やデザイン、ドアの色のサンプルやキー部分のサンプルを持参し比較、色合いや
デザインを候補の中から検討します。
中央の男性はカギメーカーの方、なんと色合わせのためだけにお付き合いくださいました。
      
さらにいつもは外さないサンプルハンドルを外してもらい検討・・・
ドアハンドルメーカーの方、ありがとうございました。

今回はドアハンドルのケースでしたが、現場ではたくさんの項目がひとつひとつ検討されて
いきます。
入居者の皆さんにも「ここでいい」ではなく、「ここがいい!」と言っていただく建物にするために
現場は少しずつ前進しています。
       
ちなみにオプションでこのようなハンドルもご用意しています。
気分によっては開かないこともありますよ。
       
 

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:23 | category: 完成までの様子 |
# 1階・2階床コンクリート打設
 今日は2回目のコンクリート打設がありました。
     
気候も過ごしやすくなり、天気も良かったので、今日は絶好のコンクリ日和。
簡単にやり直せるわけではありませんから、打設日の天候は気にかかるところです。
     
監督の加賀谷さんが「今日は写真とってるから証拠に残るぞ〜」と職人さん達にプレッシャー
をかけ、一同苦笑い。
私もプレッシャーをかけるのは確信犯なので一緒に苦笑い、バレテマシタ。
     
冗談にできるのはそのくらいで、作業自体はみな真剣、オトコの仕事場です。
     
コンクリートを流し込みながら、バイブレーターを使い、型枠のなかに空洞や偏りがないよう、密実な
ものにしていきます。
     
こちらは鉄筋同士をひとつひとつ手で結び合わせています。
鉄筋コンクリートというと冷たいような印象も受けますが、実際は地道な手作業が工程の大切な
役割を占めています。
     
階段の型枠を製作中です、コンクリート打設は時間との戦いでもあります、なにしろ途中でやめて
しまうわけにはいきません。
     
いまはまだ型枠ですが、エントランスの形もすこしづつ見えてきました。
こうしてすこしずつすこしずつ建物の形になっていくんですね。
        
           
あの〜カチートさん、そこ型枠じゃありません(TVボード)から出てはいただけないでしょうか。
           
えー、いやだ、出ないもんねー。
昼間のお留守番に少し不機嫌なカチートさんでした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:33 | category: 完成までの様子 |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
inquiry
mail: info(@)andito.net
Search this site
Sponsored Links