経堂の小さなメゾン物語                      Chicca kyodo

2011年2月世田谷区経堂に完成しました、小さなメゾンのお話です。
小さなストーリーブックのように、少しずつ日々を綴っていきたいと思います。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 足場がとれました! | main | 夕日の陰影 >>
# フィレンツェへ
昨年は経堂の小さなメゾン物語をご覧いただきありがとうございました。
今年も少しずつではありますが、書き進めていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い
いたします。

少し時間が経ってしまいましたが、今回はイタリアのお話の続きをお送りします。
 前回の記事

道に迷いながらもようやくトスカーナのアグリツーリスモに到着した翌朝、そこにはやさしい
景色が広がっていました。
      
      
      
なにやら視線を感じて振り返ると・・・
      
カチートさん似のネコが近寄ってきて、アグリツーリスモを案内してくれました。
      
ここ、写真ポイントね(ボクの)。
イタリアカチートさんにガイド料を渡し、一行はフィレンツェへ向かいました。
           
フィレンツェではChiccaの玄関に入れるタイルのオーダーと、戸倉さんの友人の建築家ご夫妻を
訪ねます。
     
オフィスはなんとシニョーリア広場を臨む建物にあり、普通では見えない上からの
広場の景色を見せていただきました。
お二人と日本とイタリアの建築に対する考え方の違いや、暮らしのなかの「住」の大切さなどを
話していると、時間があっという間に過ぎていってしまいます。
私にとっては、普段ご多忙なお二方が、こういった旅を機に再会できることは、何よりうれしいこと
でした。

これからタイルを探しに行くと話していると、「近くに一軒あるから一緒に行きましょう」と言ってくださり、一行で街の小さなタイル屋さんに向かうことに・・・

      つづく
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:09 | category: a day in Toscana |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kyodo.andito.net/trackback/75
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
inquiry
mail: info(@)andito.net
Search this site
Sponsored Links