経堂の小さなメゾン物語                      Chicca kyodo

2011年2月世田谷区経堂に完成しました、小さなメゾンのお話です。
小さなストーリーブックのように、少しずつ日々を綴っていきたいと思います。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 無事上棟しました | main | ルームプラン TYPE-A >>
# ローマでアンティーク探しの巻
 前回の記事

     
翌日、ローマ市内にあるアンティークのお店を訪ねました。
     
お客さんの要望を聞き、提案するといった感じの店内です。
ヨーロッパに行くと、ウインドウショッピングというよりは最初に「ご要望はなんですか?」
と聞かれるお店が多い気がします。
ここは戸倉さんの勝手知ったるお店なので安心ですが、やっぱり少し緊張しますよね。
     
オーナーのアンナリサさん(左)とジュゼッペさん(右)ご夫妻。
     
自分で買おうかしらとばかりに「この椅子いいんじゃないかしら〜」と外を眺める戸倉さん。
アンティークのお店は、宝箱をひっくり返したような、不思議なワクワク感があります。
            
ジュゼッペさんとグルグル店内を回っていると、不思議と「これいいんじゃない?」が一致した
机とミラー、100年位前のものだそうです。
      
机の前面から支えが出てテーブルになります。イタリアでは、これとミラーを対にしておいて
あるところが多く、昔の定番の組み合わせなのかもしれませんね。
戸倉さん、机をチェックチェック。
      (こんな感じで)
実はChicca(キッカ)では、月曜日の朝に入居のみなさんへコーヒーを出そうと考えています。
そのときにロビーの、こんな家具の上で用意がしておけたら素敵だなぁと思い、
購入することにしました。
       つづく           
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:12 | category: a day in Toscana |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kyodo.andito.net/trackback/60
トラックバック
Profile
Comments
Mobile
qrcode
inquiry
mail: info(@)andito.net
Search this site
Sponsored Links