経堂の小さなメゾン物語                      Chicca kyodo

2011年2月世田谷区経堂に完成しました、小さなメゾンのお話です。
小さなストーリーブックのように、少しずつ日々を綴っていきたいと思います。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 代表はちょっぴり仲間外れ | main | 暮らす楽しみ >>
# La casa
 今日はChiccaにお住いのお二人の大切な日でした。

Chiccaからは私達オーナー夫婦とお住いの2人、そしてプロのカメラマンの1人、
新郎新婦を含むと7人が幸せな時間を一緒に過ごすことができました。
        
みなさんはラテン語に、男性名詞と女性名詞があることはごぞんじでしょうか。
太陽=男性名詞
月=女性名詞
こんな例がわかりやすいですね。

では「家」はどうでしょう。
家はイタリア語で「La casa」、女性名詞です。

家はひとの暮らしを、また人生そのものを育みます。
生み、育むのですからまさしく女性ですね。
   

お二人はこれから、新しい家族が増え、時に幼きを、時に老いを見守らなければならないことでしょう。その時に家族の暮らす家が女性だともし思えたら、困難に立ち向かうヒントを見つけることができるかもしれません。

これからもお二人の大切なことにたくさんの光をあてて、暮らしを育んでください。
私達は応援します。
  
お二人が好きだと教えてくれた歌。
槇原敬之さんの「僕が一番欲しかったもの」
  
Chiccaもそんな女性になれたらいいな。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:35 | category: Chiccaの繋がり |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kyodo.andito.net/trackback/125
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
inquiry
mail: info(@)andito.net
Search this site
Sponsored Links