経堂の小さなメゾン物語                      Chicca kyodo

2011年2月世田谷区経堂に完成しました、小さなメゾンのお話です。
小さなストーリーブックのように、少しずつ日々を綴っていきたいと思います。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< MMXIII | main | 共益費ってなんでしょう >>
# 犬と猫と人間と2〜動物たちの大震災〜
 みなさんはこの映画のことをご存知でしょうか。
犬と猫と人間と2〜動物たちの大震災〜
           
先日行われた、この映画の先行上映会に行ってきました。
監督の宍戸大裕さんや、制作に携わった皆さんのお話を直接聞くことができました。
映画は監督がカメラを持ちながら、被災地の動物と人のつながりを時に楽しく、時に悲しく訪ねていくドキュメンタリーとして進んでいきます。
 
監督とプロデューサーはご挨拶でこんなことをおっしゃっていました。
「映画は見た方のものです、これからもどうか皆さんでこの映画を育ててください。」
きっと感想はご覧になった方の数だけあると思います。つらい映像も多く、いままで当たり前にしてきた人と動物の関係が大きく形を変えてしまう姿には、大きな悲しみを覚えます。

ご興味があれば、是非ご覧いただければと思います。

またこの映画には前作があり、本作プロデューサーの飯田基晴さんが監督をつとめています。
犬と猫と人間と
    
日本のペットの殺処分をめぐる現状や、欧米とのペットに対する考え方の違いをドキュメンタリーとして伝えています。  
  
日本国内における犬と猫の飼育数 2683万匹(2008年)
         犬と猫の殺処分数 31万457匹(2007年)

     「犬と猫が平和に安全に暮らせる社会は、きっと人にも優しい」
                                 (作家渡辺眞子)

私達の社会の向かう先は、ひとりひとりが心の中にある今までの「普通」に質問を投げかけ、自分らしさと向き合う、そんな時代なのではないか、二つのドキュメンタリーを通じそんなことを感じました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:07 | category: 代表取締ねこ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kyodo.andito.net/trackback/120
トラックバック
Profile
Comments
Mobile
qrcode
inquiry
mail: info(@)andito.net
Search this site
Sponsored Links