経堂の小さなメゾン物語                      Chicca kyodo

2011年2月世田谷区経堂に完成しました、小さなメゾンのお話です。
小さなストーリーブックのように、少しずつ日々を綴っていきたいと思います。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ひとつ屋根の価値 | main | Let's get ready for Chiristmas >>
# 収穫祭
 Chiccaから歩いてほど近い場所には、東京農業大学があります。
今週東京農業大学では、毎年恒例の収穫祭が行われました。
           
    
なんと今年で120周年、歴史を感じさせますね。 
    
他の大学のようなタレントを集めたイベント型文化祭とは一味違う「収穫祭」は、
世田谷・厚木・北海道のキャンパスで合計15万人が訪れるビッグイベントです。
    
今年のテーマは「届け農業の声!」
    
晴天のキャンパスは地域に開かれ、多くの来場者でとてもにぎわっていました。
    
    
歩いていると皆さん木の札を壁に結び付けています。
あ〜お願いごとですね、きっと。
    
ぽっちゃりの時代!
う、う〜ん・・・願えばきっと叶いますよ、はいっ。
    
こちらでは各学部の学生さんたちが、収穫祭のおみこしを展示していました。
    
農大だけあり、やはり動物モチーフは基本のようですね。
    
晴天に、鮮やかな赤がとっても映えていました。
少し進み、校舎の中に入るとこんな張り紙が・・・
    
     
絶対落ちない、かどうかはわかりませんが受験の神様、好評展示中でした。
い、いいのかな・・神様オリの中ですけど・・・

気を取り直し校舎の中に入ってみると各教室では、研究会や文化部が発表をしていました。
          
華道部が作品を展示したり、
    
    
ギター部がクラシックギターの演奏を聞かせてくれました。
    
ここでは、畑で化学肥料を使うことで起きる地下水の汚染を、竹炭で防ごうという研究の
発表が学生の熱心な説明のもと行われていました。 
    
プレゼンのジオラマ
               
きっとこういう学生がひとりひとり社会人になって、日本の農業を盛り上げてくれるのだと思います。 
    
収穫祭で出るごみなどにも、対策委員会があるあたりさすが農大です。
    
収穫祭といえば大根、大根といえば大根踊り、今年はたまたま見ることができなかったのですが、百聞は一見にしかず・・・       
   
ちなみにこんな歌詞で、大根踊りは通称、正式には「青山ほとり」というそうです。

青山ほとり常磐松
聳ゆるタンクは我母校
何時も元気は山を抜く
農大健児の意気を見よ
今日も勝たずにおくものか
そりゃ突き飛ばせ投げ飛ばせ

 お前達や威張ったって知っちょるか
お米の実る木は知りゃすまい
知らなきゃ教えてあげようか
おいらが農場へついてこい
金波銀波の打つ様は
そりゃ踊りゃんせ踊りゃんせ

ちょっと夢に出そうですよね。  
    
そんなこんなの収穫祭、帰りには大学いもをゲットしました。
    
来年は生で青山ほとりをみるぞ〜、と誓った秋の一日でした。
    
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:10 | category: 経堂・千歳船橋周辺情報 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kyodo.andito.net/trackback/102
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
inquiry
mail: info(@)andito.net
Search this site
Sponsored Links