経堂の小さなメゾン物語                      Chicca kyodo

2011年2月世田谷区経堂に完成しました、小さなメゾンのお話です。
小さなストーリーブックのように、少しずつ日々を綴っていきたいと思います。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏祭り | main | 収穫祭 >>
# ひとつ屋根の価値

一般的に、単身者の多いマンションでは、隣にどんな人たちが住んでいるのかをよく知ることはほとんどありません。
すれ違った時にあいさつこそすれど、その方が誰なのか、本当はよくわかりません。
      
でも考えてみると、それは普通のことなのでしょうか。
ずっと疑問でした。

住まいを通じて人を元気にするということは、ほんの少し何かを共有することではないのか。
そこに笑顔があり、会話があり、共有できるナニカがある、Chiccaを形にしていくうえでそんなことを
大切にしたいと思っていました。

ルーフガーデンで、お住まいの方同士が雑談をしたり、お土産をお隣にすこし分けてみたり、「時間」や「記憶」を、ほんのわずかでも共有できることが、本当は大切なのに、みなどこかに忘れてしまった小さな幸せなのかもしれません。
              
先週末、Chiccaではお住まいの方々との食事会が行われました。
全く違う人生を生きてきた方々が、たまたま同じ屋根の下に住むことになった、たったそれだけ
のことなのですが、夜遅くまでテーブルを囲み、話は深夜まで尽きることがありませんでした。
             (Chiccaの掲示板)
特別な仕掛けや、斬新なアイデアもいらず、ほんのすこし何かを共有できるだけで、住まいは
もっと楽しく、そして人を元気にさせてくれるものになるのではないでしょうか。

まだまだChiccaはスタートしたばかり、新しいものだけが価値あるものではなく、時がたつほどに
魅力を蓄える、そんな建物にゆっくりとしていきたいと思います。

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:52 | category: コンセプト |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kyodo.andito.net/trackback/101
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
inquiry
mail: info(@)andito.net
Search this site
Sponsored Links